C++

std::variantと不動点演算子

C++

実は、std::vectorはC++17から不完全型をサポートしたので、std::variantと組み合わせると以下のようなコードが書ける。 struct config_t { std::variant<bool, int, double, std::string, std::vector<config_t>> data; }; これを上手く使えばJSONなどの木構造をかなり簡単に(ポインタを陽に触らずに)扱える。std</bool,>…

x64で配列の添字にintを使うと遅い

こういうツイートを見た。気になったので試してみたら本当にそうらしい。 x64でEAXに値を入れるとRAXの上位は(符号拡張ではなく)0になる。なのでC/C++で配列の添え字に32bit整数を使うと符号拡張命令が追加されて遅くなる。LP64環境で配列の添え字にintを使…

thrustのバグを見つけて直した話

thrustがasync対応していたのを先月見つけた。 in-neuro.hatenablog.com ドキュメントがまるで書かれていないところをコードを読み進めて試していたのだが、そこで不可解な動作を発見した。 以下のようなコードを書いたとする。thrustの関数を非同期に読んで…

OpenMPの挙動を見る

少し前、ちょっと面白い挙動に出くわしたので、順を追って説明しておこうと思った。知ってる人には当たり前のことが書かれているので下の方まで飛ばしてくれても構わない。 OpenMPはプラグマを書くだけでメモリ共有並列化ができるというやつで、手をつけやす…

CMake 3.16でprecompiled headerがサポートされていた

CMakeの最新バージョン、3.16でtarget_precompile_headerがサポートされていた。ドキュメントは以下の通り。 cmake.org precompiled headerは、大規模なプロジェクトなどで変更がないのに様々な.cppファイルから何回もインクルードされるヘッダーファイルを…

-ffinite-math-onlyでも動くNaN/infチェック

以前こういう記事を書いた。 in-neuro.hatenablog.com まあNaNじゃないことを仮定しての高速化なんだからstd::isnan(x)を常にfalseだと思ってdead code eliminationするのは当たり前じゃんという気はするが、備忘録的に。 とはいえ、コンパイルオプションに-…

thrustにasyncサポートが入っていた

thrustというライブラリがある。 thrust.github.io 直接使ったことがなくても、CUDAをインストールしたら付いてくるので知らずにインストールしている人は多いと思う。 これはCUDAをC++で使う上で最高レベルに便利なライブラリで、もはやこれ無しでCUDAプロ…

toml11をマイナーアップデートした

しばらく前だが、アップデートした。最新バージョンはv3.1.0だ。 Added TOML11_USE_UNRELEASED_TOML_FEATURES TOML言語仕様はまだちょいちょいバージョンアップされている。なので「TOMLとしてリリースされていないがtoml-lang/toml:masterにmergeされた、お…

インデントのスタイルについて

C++

そういえば、自分のインデントスタイルについて人に話すことってないなと思ったので。 インデントやコードのスタイルは初心者には軽視されがちだ。なぜならそれは「本質ではない」からだ。どんなコーディングスタイルでも動くものは動く。コンパイラにとって…

入力に応じてテンプレート引数を変える

C++

C++は静的に型付けを行うので、基本的に実行時に型を切り替えることはできない。なので、入力に応じて異なる型を返すことはできない。だが継承を使っているなら、常に基底クラスへのポインタを返しつつ、入力に応じて派生クラスのテンプレート引数を変更する…

-OfastはNaNチェックを無効化する

C C++

gccには-Ofastというオプションが存在する。これは、標準規格への適合性を犠牲にしてでも高速なバイナリを吐くモードだ。色々なことが犠牲になるが、NaNチェックも犠牲になる。 以下のコードを見て欲しい。 wandbox.org #include <iostream> #include <cassert> #include <cmath> int m</cmath></cassert></iostream>…

templateクラスを継承するtemplateクラスのデストラクタをoverrideし、かつdefault指定してextern templateでビルドするとintel compiler (v18)だけlink errorになる

C++

タイトルが長い。 でもこれ以上何かを削ると不正確なタイトルになる。もしかするともう少し条件を広げても同じエラーが出るかも知れないが。 extern templateというのがあり、以下の記事に詳しい。 qiita.com かい摘んで説明しておこう。ヘッダファイルでext…

メモ:cerealと派生クラス2

C++

cerealで継承を使ったサンプルを少し前に掲載したが、これらのクラスがテンプレートだったらどうなるか。特に、継承関係を登録するマクロ。 この部分だ。 CEREAL_REGISTER_TYPE(sample::Derived) CEREAL_REGISTER_POLYMORPHIC_RELATION(sample::Base, sample…

メモ:cerealと派生クラス

メモです。cerealは説明不要のシリアライズ用ライブラリ。 派生クラスをstd::unique_ptr<Base>として持っている時の最小サンプル。 cereal::base_class<Base>(this)をシリアライズするのを忘れない CEREAL_REGISTER_TYPE(sample::Derived)を名前空間の外に書く。セミコロ</base></base>…

parallel linear BVH (LBVH) をCUDA+thrustで書いた

久々に少し非自明なことをCUDA+thrustでやった。大体動くようになるまでまる一日(半日+半日なので別のmetricsでは2日)かかった。 github.com BVHとはなんぞやという話は、以下の記事にとてもよくまとまっている。というか、多分この記事の著者は私のような…

toml11 v3.0.0リリース

毎回思うんだけどどういうタイミングでリリースタグ打てばいいのかよくわからない。皆どうしてるんだろう。 github.com 基本的に前回記事を書いた時からそんなに変わっていない。一応自分で使ってみて気になった細かなことがいくつかあるが(例えばカスタム…

toml11 v3ができてきた

以前「やりたいな〜」と書いた通りの変更をゴリっと入れてみた。まだマージしていないが、v3ブランチがpushされている。今まで通していたテストは全て通った。追加機能のテストも最低限は通った。しばらくテストの拡充をしてからベータ版を出すつもりでいる…

C++ if文再訪

C++

今回はC++規格書のif文周りを読んでみたい。 今更一体全体何なんだと思う人が大半だと思うが、普段息をするように使っているものだからこそ、規格書を読んでおくのは良いことだと思うのだ。普通の人が規格書を読むのは、知らないものについて勉強するときか…

小さなlisp処理系を作った

ふと、そういえばbrainfuckよりも高級な言語処理系を作ってない(太古の昔に作ろうとした滅茶苦茶なやつは除く)ことを思い出し、ちょっとlisp処理系でも作るか〜〜と思って実装した。連休だし、普段やってるプロジェクトしかやらずに過ぎていくのももったい…

toml11をバージョンアップした

しすぎじゃない? 変更点 まずは、C++17になっていたら文字列をstd::string_viewで受け取ったり、toml::valueをstd::string_viewで初期化できるようにした。どうやらC++17で使っている人がいたっぽいので、特に要求はなかったがあったほうがいいかなと思って…

toml11を60倍高速化した話

toml11はしばらく前に開発して、最近も結構いじり続けており、それなりの数のユーザーがついてるっぽくて結構嬉しくなっているライブラリだ。そもそもが自分のために作ったものなので、自分の都合で結構改変することがある。これは、まあレポジトリのオーナ…

std::alignを動的メモリ確保と一緒に使う

C++

はい。C++17を使っている人はnewが全部やってくれるようになったので不要な話です。C++17以前のコードのため。 Introduction アライメントとは、ざっくり言うとメモリ上の位置調整であり、普段は気にしなくていい(コンパイラやmallocがちゃんとやってくれる…

smart pointerを使う場面

C++

なんか話題になっていたので、具体例を考えてみたい。 継承を使っているとき 通常、C++で継承は使わない。テンプレートの方がたいてい実行時性能がよいので、テンプレートを使うからである[要出典][独自研究]。 ライブラリの場合は普通ユーザーがコードを書…

C++20 Contract

C++

そういえば最近はC++関連のことに触れていないなと思ったので、今日はまだ日本語の説明があんまりないように見えるContractでも取り上げてみたい。サーベイ不足だったら申し訳ない。提案に関する情報は、 P0542R3: Support for contract based programming i…

RustとC++のジェネリクスの性格の差

今までRustは使いまわすことのない適当なスクリプト的にしか使ってこなかったので、実際のところ本質的に難しいことは何もしてこなかった。その間は非常に楽で、言われるほど難しくないのではと思っていた。が、最近コードを使いまわそうと思って書き始めた…

最強のC++実装TOMLパーサーが完成した

ここ1, 2週間費やしていた作業が完了し、めでたくtoml11のバージョン2.0.0をリリースした。 github.com このバージョンアップで、 コードが凄まじく美しくなり、 エラーメッセージが最強になり、 TOML v0.5.0 (最新) に対応した。 せっかくなのでこの記事で…

CとC++のIdent

C++ C

今日、妙な話を聞いた。CかC++かでコードを書いていたところ、変数名を長くすると32文字だかそこらでtruncateされてしまい、前半が同じ名前の変数を使っているとコンパイルエラーになってしまったというのだ。私は(少なくともC++で)変数名に文字数制限があ…

std::ratioについて

C++

C++にはコンパイル時の有理数計算ライブラリがある。個人的な理解では、これは<chrono>のために入ったライブラリで、<chrono>がdurationを綺麗で速い(使いやすいとは言っていない)やり方で実装するためのものだ。コンパイル時に比率を計算できるので、実行時にかかるオーバ</chrono></chrono>…

アライメント解説

C++

しばらく放置してしまっていた。中々書くべきことが見つからなかったので。Nintendo Switchを購入してしまい、遊んでいたというのもあるが。 今回は、ちょっと普段気にしないアライメントのことについて話してみようと思う。 以前、C++17でのアライメント指…

Expression templateとfmaについて

Fused Multiply Addという命令がある。これは、a * b + cという形の演算を1命令で処理するものだ。丸めが一度しか走らないので精度がよくなる。以前、理論値と数値計算を比較してテストするときにこいつが使われるかどうかでテストが通ったり落ちたりして困…